暑い夏の時期に出回るスイカ。
日本の夏の風物詩の代表格ともいえます。

最近は、小球のものやカットしたものも売られているので、
少しだけ食べたい人にも手に入りやすくなりましたよね。

「スイカは甘くて水分がいっぱいだけど、栄養ってあるの?」
「スイカは甘くカロリーが高いので太るから食べない」
と思う方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなスイカの栄養についてご紹介します。

スイカは夏の暑気払いと水分補給に最適な野菜(果実的野菜)です。
カリウムの利尿作用により、腎臓病や妊娠時のむくみなどを解消します。
スイカのカロリーは100gで37kcal
栄養的には、果肉の成分は約95パーセントが水分。
その内の4~6%が糖分です。
スイカの果糖は低温で甘味が強く出るため、冷やして食べた方が
美味しくいただけるのでおすすめです。

スイカの歴史

スイカはアフリカ西南部を原産地とし、
古くは、4000年前のエジプトで既に栽培されていたと言われています。

日本へは16世紀ごろに渡来したとされていますが、
明治時代に多くの品種が導入され、一般的に普及するようになりました。

スイカを「西瓜」と書くのは、西から伝わった瓜という意味で
この文字が使われています。

スイカの栄養成分

スイカの主成分は水分で、90%以上を占めます。
これらの水分には、カリウムなどのミネラルやビタミンB1、ビタミンB2、
ビタミンCを含んでいます。
スイカの持つ赤い色は、カロテンの一種のリコピンです。

スイカが利尿作用に優れていることはよく知られていますが、
これは、たっぷりな水分に加え、体内の余分なナトリウムを排泄する
カリウムが多く、さらに尿を生成するシトルリンとアルギニンという
アミノ酸を含んでいるからです。
利尿作用により、膀胱炎や腎炎、ネフローゼ症候群といった腎臓病、
さらに、高血圧や妊娠時のむくみを取り除きます。

種子にも秘密が

リノール酸たっぷりのスイカの種は、動脈硬化予防に効果があります。

スイカの種は日本では捨ててしまうので、あまり利用されていませんが、
タンパク質と脂肪が多く、そのほか、ビタミンB群やビタミンEも含んでいます。

スイカの種には、リノール酸という脂肪酸が多く含まれており、
血液をサラサラにする効果があります。
さらに、ビタミンEの働きで、動脈硬化や老化予防に効果を発揮します。

中国などでは種子専用の品種も栽培されており、
食用として消費されているそうです。

スイカをジュースとして飲むときは、種も含めて作れば、
動脈硬化や老化予防に効果が期待できますよ。

注意すべきこと

冷え性の人は、多食するのはひかえるようにしてください。
また、スイカと天ぷらの食べ合わせが悪いという説がありますが、
スイカで身体が冷えたところへ、油の多い食品を食べると消化が悪くなり、
下痢などを起こしやすくなります。
ただし、これはたくさん食べた場合の話で、普通に食べるのであれば
問題ありません。

スイカを選ぶ目安

スイカを選ぶ目安は、色艶が良く、縞模様がくっきりとしているものがいいです。
また、軽く叩くと澄んだ音がして、水に入れると浮くものが美味しいとされています。

いかがでしたか。
夏はたくさん汗をかくため、水分を多くとる季節。
そのせいで、むくみがちになる方もいるのではないでしょうか。
最近は、コンビニでもパック購入ができるようになりました。
水の少ない砂漠地帯で、水がわりの飲料として貴重なものとされてきたスイカ。
この夏は水分補給とむくみ解消にスイカを食べるのもいいかもしれませんね。

参考
農林水産省
https://www.alic.go.jp/content/000093223.pdf
https://www.maff.go.jp/j/heya/kodomo_sodan/0207/07.html
株式会社萩原農場ホームページ「スイカのチカラ」
https://suika-net.co.jp
食の医学館
カタカナ栄養素事典

*************************

監修:真野稔子(まのとしこ)
【管理栄養士】 モデルから食のアドバイザーへ転身。
食は健康の基本であり、そして美の基本であるという考えから、シンプルでナチュラルな食生活を提案。
モデル事務所、エステサロン、病院、企業、行政機関にて栄養指導を行う。モデルの経験を生かし、キレイに痩せる食事指導においては定評を得ている。
オフィシャルブログ:tocolala.com
Facebook:https://www.facebook.com/tocolala/
instagram : @toshiko_mano

おすすめ記事

  • トコちゃんの食ケア Vol.22「枝豆で夏バテ予防」トコちゃんの食ケア Vol.22「枝豆で夏バテ予防」 夏は枝豆が美味しくなる季節。最近は年中枝豆を食べることができますが、夏に旬を迎えるこの時期が1番オススメ。 しかも、夏バテを予防してくれます。 今回は、そんな夏バテ予防に食べて欲しい食材として、枝豆を紹介します。 枝豆の特徴とは 大豆も枝豆も同じですが、大豆用と枝豆用と品種を分けて栽培されています。 枝豆は、大豆の若ざやを未熟なうちに収 […]
  • トコちゃんの食ケア Vol.20「キャベツは天然の胃腸薬」トコちゃんの食ケア Vol.20「キャベツは天然の胃腸薬」 緊急事態宣言が延長になり、ストレスが溜まっている方も多いのではないでしょうか。 ストレスは体や心に不調をきたすため、いろいろと不具合が出ててきますが、中でも胃腸に現れる人が特に多いと思います。そんな時は胃腸に優しい食事を心がけたいものですよね。 今回は胃腸に良い食材、キャベツについて紹介します。 今が旬の春キャベツ。注目すべきところは、胃の粘膜の再 […]
  • トコちゃんの食ケア Vol.21「梅雨と梅と健康と」トコちゃんの食ケア Vol.21「梅雨と梅と健康と」 梅雨は梅の雨と書くように、この季節に出回る「梅」梅雨は梅仕事でも知られますよね。 今回はそんな「梅」についてです。 梅は、昔から「医者いらず」と言われていたほどの果物。梅にはクエン酸、りんご酸、コハク酸、ピクリン酸などの有機酸や、カルシウム、リン、カリウムなどのミネラル、そしてカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどが類を見ないほど含まれています。 […]
  • トコちゃんの食ケア Vol.18「節分の食べ物」トコちゃんの食ケア Vol.18「節分の食べ物」 2021年の節分は 節分と言えば2月3日と思う人が多いのではないでしょうか。しかしながら、今年は2月2日が節分だそうで、例年より1日早い節分は、1897年以来124年ぶりのことだそうですよ。 節分はもともと季節を分ける日という意味。 本来は立春、立夏、立秋、立冬の前の日を指しています。現在の暦には立春前日の節分だけが残っていますが、これは江戸時代以降、四季 […]
  • トコちゃんの食ケア Vol.19「春野菜でデトックス」トコちゃんの食ケア Vol.19「春野菜でデトックス」 桜が咲くいい季節になりましたね。春は過ごしやすく感じる一方、体のバランスを調整する自律神経が不安定になりやすく、ちょっとしたことで体調を崩したりします。 今回は、春の季節の体調管理に役立つ、春野菜をご紹介します。春野菜は、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、疲労回復に効果的。春になると発症する花粉症などのアレルギーに多い皮膚や粘膜のトラブルの解消や便秘予防にも役立ち […]
  • トコちゃんの食ケア Vol.14「土用は丑の日、うなぎの日」トコちゃんの食ケア Vol.14「土用は丑の日、うなぎの日」 夏に訪れる土用の丑の日。 土用と言えば、ウナギの日! 先週の7/21は土用の丑の日でしたよね。 この日、うなぎを食べましたか? まだの方は朗報?です笑 今年の土用の丑の日は何と2回あります!次は8/2(日)なのです。 「土用の丑の日」というのは、年によっては2回ある場合があるのです。 今年は、7月21日(火)と8月2日(日)が「土用の丑の […]