2018年11月、「サバ六製麺所」の創業者である吉満浩之氏のプロデュースにより、大阪は難波にオープンした「中華そば 伊吹商店」。鯖で名を挙げた吉満氏が、その辣腕から繰り出した次の一手は、いりこ。ラーメン激戦区に、ブランド品として名高い「伊吹いりこ」にこだわった魚介ラーメンで進出した、耳目を集めるこちらのお店を、ブロガーのなおちぇんさん、テオテオさんがご紹介。

お店は難波中2丁目。

店舗外観。

テオテオさん
「南海難波のなんばパークスから近い場所。日本橋に近いですね。以前はラーメン店むさしサンだったところ」


カウンター席。
テーブル席。

なおちぇんさん
「 お店は結構オオバコでカウンターもあり、テーブル席もたっぷりあるので混んでも回転がよく嬉しいですね」


メニューはこちら。

セットメニュー。

テオテオさん
「券売機システムじゃないのは、メニューのバリエーションが多いからかな。ゆっくり席についてからメニューを考えられるの嬉しいです」


薬味も充実。

時計回りに、淡路産玉ねぎ、伊吹いりこ、
白菜キムチ、高菜、おろしにんにく。

なおちぇんさん
「入ってすぐ左手にいろんなアテやラーメンにちょい足しできる具材が揃ってます。セルフで取りにいきましょう♪」

薬味の一つ、伊吹いりこの素揚げ。

テオテオさん
「素揚げの伊吹いりこは数量限定だとか。是非食べてほしいです。香ばしくサクサクで旨味の宝庫や~~」

なおちぇんさん
「なにげにこのイリコがおいしいの!」


なおちぇんさんのご注文は?

半焼き飯セット 880円。
麺は伊吹醤油つけ麺なので、追加139円 。

なおちぇんさん
「麺は春よ恋を使用してるので香り高くおいいし~~~! むちっとした食感がたまりません」
「つけ汁は伊吹いりこが効いた醤油味ベースです。濃厚ですがすっきりとして醤油の旨味が立ちますね~(●´ω`●) 」

焼き飯。

なおちぇんさん
「醤油の風味が濃厚でパラリと極上! 口の中でほろほろとほどけ、香りがふわりと鼻孔を抜けていきます。ん~~~~~(≧ω≦)これめっちゃおいしい!!! 」


テオテオさんが選んだのは?

から揚げフルセット 1,065円。
麺、半焼き飯、から揚げ3個。
麺は伊吹塩そば、追加49円。
味玉は追加93円。

テオテオさん
「澄んだ清湯スープです。塩は小豆島の島塩を使っているそうです。塩のパンチのある感じ。白いご飯が合いそう」
「麺は自家製で北海道産の春よ来い。めっちゃモッチモチ。麺めちゃ好き~」

玉子は、龍のたまご。
から揚げ。

テオテオさん
「チャーシューはクルクル巻いてる感じの豚バラ。しっとり柔らかでこれまたウマ~」
「から揚げは大きいのが3個。片栗粉かコーンスターチを塗して揚げてるのかな。どちらかと言うと竜田揚げ風」
「味変で途中ニンニク入れたらウマッ」


足が自然と、難波中2丁目へ・・・!

なおちぇんさん
「お手軽なお値段でお腹いっぱいになる・・・。やっぱラーメンっていいな~(●´ω`●) 他のラーメンもサイドメニューも気になるのもありまくりだし、また行かなくちゃ!」
「おいしかった!
 ごちそうさま!
 また行きます!」

<店舗DATA>
店 名 :伊吹商店
住 所 :大阪府大阪市浪速区難波中2-3-1
電話番号:06-6648-8553
営業時間:11:00~23:00
定休日 :なし

(構成 上野屋 誠)