最近、疲れたなぁ。とか、やる気がわかないな。
など、どうも体調が優れないって方はいませんか?

それは、もしかして「夏バテ」の兆しかも。

今回は、食で「夏バテ」を予防する、
夏バテ対策をご紹介しますね。

「夏バテ」は、体が環境の変化に対応しようと頑張り過ぎた結果、
おこるものなのです。
「体が弱いから」「気合いが足りないから」バテるのではありません。

汗や、がぶのみが夏バテに影響

暑いと汗をかきますよね。
これは体内から熱を逃し、体温を一定に保つためですが、汗と一緒にビタミンB群やミネラルなど必要な栄養も出て行ってしまいます。
そのため汗をかきすぎると体内の栄養バランスがかたより、体調を崩す事があるのです。

おまけに暑さで汗をかいたとき、衣服が肌にはりつく不快感。
この嫌な感じが自律神経に影響して胃腸の働きが鈍くなり、食欲が減退してしまいます。

食欲がなくても、飲み物ならしょっちゅう手が伸びてしまうというのも、夏には良くある事。けれど、清涼飲料水やアルコールなど糖分を含む飲み物をたくさん飲むことも、実は「夏バテ」につながります。

糖分はエネルギーの源です。
ただしそれは、ビタミンB1が体内で糖分をエネルギーに変えてくれるから。糖分を取りすぎると、エネルギー生産の為に体内のビタミンB1が大量に消費され、ついには不足してきてしまいます。すると糖のエネルギー変換が行われなくなり、活力が低下して身体がだるく感じるようになります。

たとえ糖分を控えめにしたとしても、冷たい飲み物ばかり飲むのは問題。胃腸が冷えたり胃液が薄まったりで、消化機能が衰え、これも「夏バテ」の原因になります。

「効きすぎる冷房」も夏バテに影響

最近の「夏バテ」には、冷房の存在も大きく影響しています。
効きすぎた冷房の室内から戸外へと出入りを繰り返すと、体温を調節する機能がすぐには適応できず、自律神経の働きがうまくいかなくなって体調を崩すことになりかねません。
内外の温度差は、真夏日には10℃以上ひらくこともあります。出入りが多い方は特に注意が必要です。
また、内勤で冷房の効いた室内にばかりいる方もご用心。汗をあまり書かなくなってしまうとやはり体温調整機能がダウンして、体の不調を引き起こします。

暑さや、冷房に対応しようと、身体が一生懸命に頑張った結果の夏バテ。
ちょっとした心がけで予防に繋がります。

夏バテ対策には「食」が一番大切!

暑いと食欲がわかず、さっぱりしたそうめんやざるそばですませたくなる物。たまには良いのですが、そればかりでは栄養も偏りがちになります。
意識してとりたいのはたんぱく質や、汗をかくことで不足しがちなミネラルビタミンB群などの栄養素。
特に疲れがたまるのを防ぐビタミンB1が多く含まれる食品を中心に、色々な栄養素をバランスよくとることが大事です。疲労回復に役立つクエン酸もおすすめ。「量より質」がベストです。

家庭でも、お店でも、気軽に食べれる
夏バテ防止の組み合わせ

・ビール+枝豆
  ビタミン、ミネラルが豊富な枝豆には肝臓の負担を軽くする働きが、
  枝豆のタンパク質に含まれるメチオニンが、アルコールの分解を促します。

・冷奴(豆腐+鰹節)
  食欲がなくて肉が食べられない時は、豆腐でタンパク質を補給。
  鰹節は旨味をプラスするだけでなく、豆腐に少ないアミノ酸を補い、
  弱った内臓や体の回復を助けます。

・餃子(豚肉+ニラ+ニンニク)
  硫化アリルは、ニラだけでなくニンニクにも含まれます。
  豚肉に含まれるビタミンB1の吸収を助け、活力アップ。
  お口の匂いには気をつけましょう。

・カレー+らっきょう
  らっきょうに含まれる硫化アリルと有機酸は、ターメリックなどの
  カレー粉の香辛料とともに胃の働きを高めます。

体が無理をしないように地道な積み重ねが、暑さに負けない元気のもと。
早めの「夏バテ」対策で、夏も健康な体をキープしましょう。

************************************

監修:真野稔子【管理栄養士】
プロフィール
モデルから食のアドバイザーへ転身。
食は健康の基本であり、そして美の基本であるという考えから、シンプルでナチュラルな食生活を提案。モデル事務所、エステサロン、病院、企業、行政機関にて栄養指導を行う。モデルの経験を生かし、キレイに痩せる食事指導においては定評を得ている。
Facebook:https://www.facebook.com/tocolala/

おすすめ記事