秋は食べ物が美味しくなる季節。
お酒を飲む機会も多くなってくる時期ではないでしょか。
そして、忘年会シーズンにもそろそろ入ってきますよね。

昔から「酒は百楽の長」と言いますが、飲み方次第では薬にもなるし、毒にもなります。
今回は、そんなお酒について。

お酒のメリットとデメリット

・お酒のメリット
人間関係の円滑化
血行促進
精神的ストレスの発散
HDLコレステロールの増加(動脈硬化予防)

・お酒のデメリット
肝臓に負担がかかる
血圧が上がる
尿酸値が高くなる
カロリーオーバー
アルコール依存症

酔いとは

お酒を飲んだ時の「酔い」はアルコールが原因ですが、お酒に含まれるアルコールの濃さや強さは種類によって色々あります。アルコールが体や精神に対する影響は、飲んだお酒の量ではなく、実は、摂取した純アルコール量が基準となります。

1日のお酒の目安量

厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒量」は、1日平均純アルコールで約20g程度であるとされています。そして、一般に女性は、アルコール代謝の要である肝臓の大きさが男性に比べて小さく、解毒能力も低いので、女性は男性の1/2~2/3程度が適当と考えられています。

1日平均約20gの純アルコールとは

・血中アルコール濃度
血流がよくなり、陽気になる“ほろ酔い状態”の血中アルコール濃度0.1%が目安。これ以上血中アルコール濃度が高くなると、ふらついたり、吐き気をもよおしたりと酩酊状態に陥ってしまいます。そのため、血中濃度を0.1%までに抑える分量を「適量」としています。
目安は純アルコールで約20g程度。ビール中瓶1本(500ml)に含まれるアルコールの量が約20gとなります。

・肝臓でのアルコール処理時間
一般に肝臓がアルコールを処理するスピードは個人差がありますが、平均すると純アルコール約20gあたり約3時間と言われています。
つまりビール中瓶1本分を処理するのに約3時間かかるということになります。

純アルコール20gに相当するお酒の量

ビール ロング缶1本(500ml)
日本酒 1合(180ml)
ウィスキー ダブル1杯(60ml)
焼酎(25度) グラス1/2杯(100ml)
ワイン グラス2杯弱(200ml)
チューハイ 缶1本(350ml)

健康を保つために

楽しくほろ酔い気分になれる純アルコール量20gを「1単位」とし、健康な人は「1日1~2単位まで」とされています。つまり、20g〜40gまでの純アルコール量。

1日平均60gを超える純アルコールの飲酒は、多量飲酒といい、これを続けると身体的や精神的に、さまざまな問題につながる危険性があります。

どうしても量を飲んでしまうとか、付き合いでついつい量が増えるという方は、せめて休肝日を2日程度作りましょう。
ただ、なかなか2日は難しいなという場合は、1日たくさん飲んだら、次の日はスッパリあきらめて、飲まないようにするのがおすすめです。
1日おきでいいのなら、休肝日を作ることができ、さらに、続けることも可能ではないでしょうか。

最近では、ビール風味のノンアルコール飲料などで、様々な種類が出てきています。飲みたくなったときは、それらをうまく活用するのも休肝日を作る方法のひとつです。

オススメの食品

・飲酒前に摂りたい食材
アルコ-ルは大部分が胃で吸収されます。空腹時に強いお酒を飲むと胃がただれ、胃潰瘍の原因にもなりかねません。飲む前に胃腸を保護するため、牛乳やチ-ズなどの乳製品を食べるようにします。

・飲酒時に摂りたい食材 
良質のたんぱく質が多く含まれる魚や肉、卵、大豆製品とミネラルや食物繊維を多く含む野菜、特に緑黄色の野菜海藻、きのこ、こんにゃく、いもなどをバランス良く取り合わせ、食べながら飲むようにすると胃腸や肝臓への負担を少なくし、悪酔いの防止にもなります。

・飲みすぎた時に摂りたい食材
お酒を飲み過ぎたときは、生野菜や果物、天然果汁などを取ると、利尿作用のあるカリウムを多く含んでいるため、アルコ-ルの尿への排出に効果があります。

健康診断の時

飲酒量の多い人が、健康診断の際に注意しておきたいのが、γ-GTP(ガンマジーティーピー)の数値です。
γ-GTPは、肝臓のなかにある酵素。この数値が高いと、肝臓に異常があることを示しています。一般的に、お酒を飲みすぎるとγ-GTPの値が上昇します。この数値が高い場合、お酒を控えることをお勧めします。
なお、肝臓病や糖尿病、高血圧、肥満などは生活習慣病と呼ばれている病気です。これらは、食生活や運動、睡眠などの生活習慣を改めることで、予防や改善が可能です。
健康診断の結果をチェックしてみてください。

*****************************
監修:真野稔子【管理栄養士】
プロフィール
モデルから食のアドバイザーへ転身。
食は健康の基本であり、そして美の基本であるという考えから、シンプルでナチュラルな食生活を提案。モデル事務所、エステサロン、病院、企業、行政機関にて栄養指導を行う。
モデルの経験を生かし、キレイに痩せる食事指導においては定評を得ている。

オフィシャルブログ:tocolala.com
Facebook:https://www.facebook.com/tocolala/
Instagram : @toshiko_mano

おすすめ記事

  • トコちゃんの食ケア Vol.10「免疫力をアップする飲み物」トコちゃんの食ケア Vol.10「免疫力をアップする飲み物」 免疫力を高めるために、食生活に気をつけたいけれど、食事でそこまで出来ないって方もいるのではないでしょうか。今回は、免疫シリーズ第3弾。飲み物で予防しようということで、気軽にとれる「免疫力アップの飲み物」をご紹介します。普段の飲み物を少し意識して見てください。 前回の《トコちゃんの食ケア Vol.9 […]
  • トコちゃんの食ケア Vol. 8「チョコレートの美味しい話」トコちゃんの食ケア Vol. 8「チョコレートの美味しい話」 2月に入り、あちこちで様々なチョコレートが販売されていますね。2月はバレンタインデー。一昔前なら、女性から男性へ贈る日でしたが、最近は男女関係なくチョコレートを贈ったり、自分のために購入するという、チョコレートを楽しむイベントになっていますよね。期間限定でお店が出店したり、その期間にしか販売されない限定品などで、いろんなチョコを味わうことができますよね。今回はそんなチョコレ […]
  • トコちゃんの食ケア Vol.9「免疫力アップの食生活」トコちゃんの食ケア Vol.9「免疫力アップの食生活」 私たちは、身体に備わった免疫力で病原菌などから体を守っていますが、同じ環境で過ごしていても、体力や抵抗力が低下している人はウィルスに感染しやすくなります。 今回は免疫力をアップする食生活をご紹介します。 免疫力を高めるためには十分な栄養が必要 免疫力を働かせるために、まずは「きちんと食べる」こと。きちんと食べることで、免疫が働くために必要な栄養素を補給でき […]
  • トコちゃんの食ケア Vol.6「風邪と寒さに負けないカラダづくり 」トコちゃんの食ケア Vol.6「風邪と寒さに負けないカラダづくり 」 冬になると風邪やさまざまな感染症やインフルエンザが流行りはじめます。低温と乾燥が好きなウイルスは冬場にその感染力が強まり、年末年始から受験シーズンの3月にかけて流行のピークを迎えます。ウイルスが元気になる一方、人の体は寒さで体温が下がり免疫力もダウン。おまけに鼻やのどの粘膜も、乾燥によるダメージでウイルスの侵入を受けます。そんな弱った体に元気を取り戻すには、日々の食事が大切 […]
  • トコちゃんの食ケア Vol.7「お正月太り解消する食とは」トコちゃんの食ケア Vol.7「お正月太り解消する食とは」 お正月も終わり新しい一年がスタートしましたね。本年も、皆様のお役に立てるよう、ちょっとした健康情報を発信していきますので、よろしくお願い申し上げます。 さて、新年がスタートしたのはいいけれど、年末年始の体重増加でなんとなく体が重い、やる気がイマイチ出ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、お正月太りの原因と解消する食事についてお伝えします。 […]
  • 「まんが せんべろ探検隊!」果たしてせんべろでの出会いって、本当にあるの…?「まんが せんべろ探検隊!」果たしてせんべろでの出会いって、本当にあるの…? せんべろができる、イイカンジの飲み屋を発掘しながらステキな出会いも求めたい。 そんな想いで【せんべろ探検隊】を結成した立美(たちみ)と呑音(のん)の2人組! 果たしてせんべろでの出会いって、本当にあるの…? 恋の予感(と、お店)を求めて繰り出す、今夜の飲み屋街ではいかに?! 【PR】せんべろ探検隊~今すぐ行くべきお店3選 […]